幻獣図鑑 白澤

瑞獣 白澤

中国に伝えられる人の言葉を解し、妖異鬼神に通じる博識の獣。有徳の為政者の前に姿を現すため瑞兆示す聖獣とされた。その姿は麒麟に虎を足したようながっしりしたものや、日本で伝えられる九眼の獣姿を持つものがあり鳥山石燕の描いた図が有名だろう。

白澤の博識を知らせる話に白澤図というものがある。これは中国の伝説上の人物、三皇五帝の一人である黄帝が東方巡行の際に白澤と遭遇し部下に書かせたものであった。白澤は黄帝に1万1520種の妖異鬼神を語って聞かせ、その対処法さえ語ってみせたという。妖異鬼神は病魔厄災を人へ起こす為、白澤の語る言葉は金言であった。

日本にも白澤の姿が伝わり、病魔を払い旅中の安全へご利益があると特に江戸時代に信仰される。厄除けとしてこの白澤を図として描いた札を持つ者もあった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA