伊服岐能山の神

伊服岐能山の神 いぶきのやまの神

東征神話にて語られる神の化身。白く大きい猪の姿で現れたと記録が残る伊服岐能山の神が人前に見せた姿。

倭健命やまとたけるのみことが東征でまつろわぬ民達を平らげ帰路に着く中、尾張の美夜受比売みやずひめに結婚の意志を伝えようとした所、伊服岐能山に荒ぶる神がいると聞いた。倭健はこれを素手で倒してやろうと美夜受の元に草薙の剣を置いたまま山に向かう。

そこで倭健は牛程もある巨大な白い猪に会うのである。この白猪こそが伊服岐能山の荒ぶる神の化身であったが、倭健はそうと気付かず「伊服岐能山の神の使いか。帰りに殺してやろう」と言挙げし通り過ぎた。

使いではなく神の化身だった為、言挙げ(正しければその通りに、言葉に間違いがあれば悪い結果が出る言霊)は失敗し更に神の怒りを買った結果、倭健は山道で毒気のある大氷雨に見舞われ自失する程に追い込まれて山を降りる。これが元となる病により、数日後に倭健命は客死した。

以上の事から、伊服岐山の神は氷雨操る荒ぶる神である事が分かる。白猪の化身姿は古事記に書かれているが、日本書紀の方では大虵おろちとなっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA